???????Archive for the Category

注射の痛み

2006/01/27 金曜日 - 23:38:43 by リャンスウ

今回は思いきって自分の出産物語を一挙に大公開! 当事者は必死さ、なにせハラキリだったんだから。 この感動巨篇をこれから帝王切開で出産する女性に捧ぐ…なんちゃって、うそうそ、かるーく読んでくださいませませ。 日記で宣言した通り、茉苑は帝王切開で生まれたんだ。 医学の世界では逆子って病気扱いなんだよ(病名:骨盤位)。で、その治療法が帝王切開手術。納得いかないぜ、こんなに元気な胎児と妊婦をつかまえて病気とは! と憤っていたのは出産直前のこと。さてさて、当日はどうだったのでしょう。 以下、「痛み!」の詳細描写があるので、興味のある方はどうぞ読み進んでくださいませ。心臓の悪い方、お食事中の方は閲覧をお控えくだされ。 覚悟していた筋肉注射を太ももに打たれた瞬間「アレ?痛くないじゃん」とその意外性に不信感が募る。この注射、ホントに効いてるのかって看護師さんに質問したくらい。もちろん答えはニッコリYES。この注射は手術直前に打つ硬膜外麻酔が十分に効果を発揮できるよう打つ注射である。ひざの手術などにも使われているようだ。でこの硬膜外麻酔は最も痛いとされる脊椎麻酔を打つ際、その痛みを緩和させる役目をしている。とはいっても脊椎に打たれる注射は「ひじょーに」痛い!脈拍が落ちるくらい痛い! タンスに小指をぶつけたときの痛さの比にならないくらい痛い! 針を刺される瞬間も痛いのだが、針を通って麻酔が脊椎に入る瞬間がこりゃまた痛い。わたしの身体は麻酔が効きにくい体質であったらしく、何度も追加投与されたせいで時間もかかってしまった。その間、優しい手術看護師さんが手を握り応援してくれたのだが、それに応える術すら忘れていた… こんな痛いことをしたら胎児に悪いじゃん、即刻止めてくださいと、言いそうになるのを必死でこらえているのが精一杯だったんだよね。 精神状態最悪、支離滅裂、いてててて〜。 おさらい: 前日からの太い点滴 → 筋肉注射 → 硬膜外麻酔 → 脊椎麻酔