2006/01Archive for

Manon est nee!

2006/01/28 土曜日 - 00:10:36 by Antoine

Manon est nee aujourd’hui, vendredi 27 janvier 2006, a 14:06. Elle pese 3005g, mesure 47.7cm (quelle precision!) et se porte comme un charme. La maman aussi va bien, est tres heureuse, et le papa tres fier! 本日、1月27日(金) 午後2時6分に 長女が誕生しました! 体重:3005g、身長:47.7cm 母子共に健康で、パパは誇り高い。 名前は 茉苑 (まのん)です。

注射の痛み

2006/01/27 金曜日 - 23:38:43 by リャンスウ

今回は思いきって自分の出産物語を一挙に大公開! 当事者は必死さ、なにせハラキリだったんだから。 この感動巨篇をこれから帝王切開で出産する女性に捧ぐ…なんちゃって、うそうそ、かるーく読んでくださいませませ。 日記で宣言した通り、茉苑は帝王切開で生まれたんだ。 医学の世界では逆子って病気扱いなんだよ(病名:骨盤位)。で、その治療法が帝王切開手術。納得いかないぜ、こんなに元気な胎児と妊婦をつかまえて病気とは! と憤っていたのは出産直前のこと。さてさて、当日はどうだったのでしょう。 以下、「痛み!」の詳細描写があるので、興味のある方はどうぞ読み進んでくださいませ。心臓の悪い方、お食事中の方は閲覧をお控えくだされ。 覚悟していた筋肉注射を太ももに打たれた瞬間「アレ?痛くないじゃん」とその意外性に不信感が募る。この注射、ホントに効いてるのかって看護師さんに質問したくらい。もちろん答えはニッコリYES。この注射は手術直前に打つ硬膜外麻酔が十分に効果を発揮できるよう打つ注射である。ひざの手術などにも使われているようだ。でこの硬膜外麻酔は最も痛いとされる脊椎麻酔を打つ際、その痛みを緩和させる役目をしている。とはいっても脊椎に打たれる注射は「ひじょーに」痛い!脈拍が落ちるくらい痛い! タンスに小指をぶつけたときの痛さの比にならないくらい痛い! 針を刺される瞬間も痛いのだが、針を通って麻酔が脊椎に入る瞬間がこりゃまた痛い。わたしの身体は麻酔が効きにくい体質であったらしく、何度も追加投与されたせいで時間もかかってしまった。その間、優しい手術看護師さんが手を握り応援してくれたのだが、それに応える術すら忘れていた… こんな痛いことをしたら胎児に悪いじゃん、即刻止めてくださいと、言いそうになるのを必死でこらえているのが精一杯だったんだよね。 精神状態最悪、支離滅裂、いてててて〜。 おさらい: 前日からの太い点滴 → 筋肉注射 → 硬膜外麻酔 → 脊椎麻酔 

A l’hopital

2006/01/25 水曜日 - 22:24:40 by Antoine

Aujourd’hui, c’est le premier jour a l’hopital pour Ryoko…

37eme SEMAINE!

2006/01/25 水曜日 - 12:00:55 by リャンスウ

Cet apres midi, je suis hospitalisee pour l’accouchement! DEJA?? EN FIN?? En tout cas, je suis un peu tendue… Mais tout se passera bien! Nous allons vous annoncer la naissance des qu’elle sera nee! 盛り上がって参りました!出産目前レポートよ。本日、自分史始まって以来、初入院!キンチョー!! 夜は眠れるかなー…せっかくアントワン君が帰って来ていっしょにごはんが食べられるようになったのに、もう別居なんだよね。でも私にはべべちゃんがついておる、頑張るぞー。今までこの日記を読んで、応援メッセージをくれた人たち、どうもありがとう! 今度更新するときには、むふふ、ママになっているんだ。

au milieu de 36EME SEMAINE

2006/01/20 金曜日 - 15:24:43 by リャンスウ

Le mardi passe, c’etait le dernier examen avant d’accouchement. BBchan a bien grandi et a pese 2874g. Maintenant, elle n’a plus de place a nous montre sa visage, donc je n’ai pas eu des photos de l’eco. C’est un moment tres sensible pour moi, car je melange deux emotions. Je voudrais voir sa visage et […]

ANTOINE AU JAPON!

2006/01/16 月曜日 - 22:58:42 by リャンスウ

En fin, Antione est bien rentre au japon sain et sauf! Il est rentre avec beaucoup de cadeaux pour BBchan et moi de la Belgique et US. Merci beaucoup! A cote, j’ai trouve des trucs bizarres, c’etais des capsules de la bierre amerique qu’il a collectionne.J’ai marque qu’il est vrais BELGE! Voila, voila, mainetenant nous […]

PARRAIN et MARRAINE

2006/01/13 金曜日 - 19:00:14 by リャンスウ

C’est un peu trop tot que je vous annonce le parrain et la marrine de BBchan, mais quand meme, je voudrais dire qu’ils ont bien accepte d’etre son parrain et sa marraine. En effet, ils etaient etonnes quand nous l’avons demande, en meme temps ils etaient fiers d’etre son parrain et sa marraine. Voila, petit […]

GATEAU JAPONAIS

2006/01/12 木曜日 - 20:53:03 by リャンスウ

Apres avoir fait de la natation, des hommes ont besoin du sucre n’est pas?! J’ai trouve une bonne excuse pour acheter des gateaux japonais. Antoine, rentre vite, si non je mange tous les gateaux! プールの後は無性におなかがすくねー。駅前で芋羊羹やあんこ玉が売られていたけれどそれには目もくれずお目当てのお店へ一路。銘菓みやこまんじゅう屋であーる!このまんじゅうは、とあるグルメ友人にもらって食べたことがきっかけで大ファンになってしまたんだ。かわとあんこの絶妙な出会いがサイコー!しかし食べ過ぎ注意。アントワン君にも食べさせたいなー、早く帰ってきておくれ。あと3日だね!

CESARIENNE

2006/01/10 火曜日 - 18:51:04 by リャンスウ

BBchan a choisi une operation cesarienne! Aujourd’hui, elle mettait sa tete en haut dans mon ventre… C’est sa position preferee, elle aime s’assoir. C’est assez rare de se tourner apres 35semaine, nous avons donc reserve le jour d’operation. Pour ca, j’ai passe un examen medical: analyse de sang, d’urines, ECG(electorcardiogramme) ,radiographie etc…Ca c’est deja une […]

BONNE ANNEE 2006!

2006/01/09 月曜日 - 19:01:34 by リャンスウ

Je realize en retard qu’une nouvelle annee est deja arrivvee au monde. Une tres belle annee a tous!! BBchan et moi vont tres tres bien! C’est deja 35eme semaine! Demain, je vais a l’hopitale voir notre BBchan par l’eco. A mon avis, elle a pris du poids= je me le sens tres fort qu’elle est […]